ザイグルのおすすめモデルは?

ザイグルのロゴ

 

家庭で煙を気にせず焼肉を楽しめるザイグル
マンションやアパートなど集合住宅に住む家庭が増え、ますます人気になっています。

 

でも、ザイグルには5つのモデルがあって、違いが分からない人も多いのではないでしょうか。
どれか使ってみたいと思ってもどれを買えばいいか分からないですよね。

 

そこで今回はザイグルのおすすめモデルをランキング形式で紹介します。
各モデルのスペックを徹底比較した結果も紹介しますので、ご家庭の事情に合わせてお選びください。

 


ザイグルおすすめランキング

ザイグルボーイ

いま最も注目されているザイグル!
ザイグルボーイ

 

ここがポイント!
テレビショッピングの影響もあり、いま最も注目度が高いのがザイグルボーイです。
従来のザイグルのように真ん中に支柱がなく、プレートを広く使えるので、大きめの食材も上手に調理できます。
標準装備のドーム型プレートは、ジンギスカンのような調理も可能。焼肉だけではなく幅広い調理ができるのがザイグルボーイの特徴です。
別売りの角型プレートと高さ調整アダプターがセットになった「ザイグルボーイ3点セット」は特に人気が出ています。

 

 

 

ザイグル

元祖ザイグルを選ぶならこれ!
元祖ザイグル

 

ここがポイント!
いまのザイグル人気はこのモデルから始まりました。
プレートは2分割できるので洗い物もらくらく。中央の支柱を使って8段階の高さ調節ができるので、火加減の細かな調節ができます。
価格もお手頃で初めてのザイグルとしておすすめです。

 

 

 

ザイグルミニ

1〜2人で使うならミニがおすすめ!
ザイグルmini

 

ここがポイント!
1〜2人で使うならコンパクトタイプのザイグルミニがおすすめです。他のザイグルより小さめなのでテーブル上でのスペースも少なくて済みます。
ザイグルミニもプレートが2分割できるので、シンクが狭めでも簡単に洗い物ができます。高さ調節は2段階ですが、よく使う高さに絞られているので問題ありません。

 

 

 

ザイグルプラス

ザイグルの上位モデル!
ザイグルプラス

 

ここがポイント!
性能はザイグルと変わりませんが、ザイグルの少し不便なところを改良したモデルです。
コードが長い、通電ランプが付いているのが改良点です。
また、卵のような流れやすい食材の調理がしやすい「フラットプレート」というプレートが付いているので、ザイグルより調理の幅が広がります。

 

 

 

ザイグルハンサム

セールが入ればおすすめですが・・・
ザイグルハンサム

 

ここがポイント!
一時期は最も売れていたモデルですが、セールが入らなくなってからは人気は下火です。
性能はザイグルボーイと同じ。ザイグルボーイに角型プレートというプレートが付いているのがザイグルハンサムです。
現在は角型プレートと高さ調節アダプターが付いたザイグルボーイ3点セットの方がセール中に安く買えます。

 

 

ザイグルのスペックを徹底比較

少し細かいですが、各モデルのスペック一覧です。

ボーイ ザイグル ミニ プラス ハンサム

通常価格
(税別)

26,800円 20,000円 17,800円 36,852円 29,500円

セール価格
(税別)

16,900円 15,556円 14,630円 24,800円 18.334円
カラー ブラック

ブラック
レッド

レッド レッド ブラック
定格入力

AC100V
50/60Hz

AC100V
50/60Hz

AC100V
50/60Hz

AC100V
50/60Hz

AC100V
50/60Hz

定格出力 1200W 1200W 1100W 1200W 1200W

重量
プレート込

2.5kg 3.5kg 2.7kg 3.7kg 2.5kg

直径
突起部除外

37cm 40cm 32cnm 40cm 37cm
高さ 43.8cm

27cm~
34.5cm

27.8cm~
32.1cm

27.5cm~
35.3cm

43.8cm
コード長さ 1.5m 1.5m 1.5m 3m 1.5m

電気代
1時間当り

32.4円 32.4円 29.7円 32.4円 32.4円
高さ調節 別売り 8段階 2段階 8段階 別売り

※電気代は1Kwhあたり27円で計算しています。

 

 

各モデルの共通付属品

丸型標準プレート・油受け皿・取扱説明書・簡単調理マニュアル・専用カバー

 

共通付属品以外のモデル別の特徴

ザイグルボーイ

ドーム型プレート付属
3点セットには角型プレートと高さ調節アダプターが付属

ザイグル 標準プレートは2分割可能
ザイグルミニ 標準プレートは2分割可能
ザイグルプラス

標準プレートは2分割可能
フラットプレート付属

ザイグルハンサム ドーム型プレート・角型プレート付属

 

 

「ザイグルシリーズを徹底比較」まとめ

ザイグルラインナップ

 

ザイグル選びで困ったら、最初のランキングに載っている1位〜3位で探すといいと思います。その中でザイグルがいいと思ったら、予算を足してザイグルプラスにするかどうか決めましょう。
基本的にはランキングの1位〜3位が今売れているモデルです。

 

あと、ご自宅のテーブルの大きさは確認しておいたほうがいいでしょう。ザイグルは本体が想像以上に大きいので、スペック一覧の直径の数値をご確認ください。本体の周辺15〜20cmは熱くなるので冷たいものを置くのは避けたほうがいいです。
収納スペースの確認もされる場合は、併せて高さもチェックしておきます。

 

それでも迷ってしまう場合は、以下もご参考に。

 

1人〜2人で使いたい

ザイグルミニがおすすめ

食欲にもよりますが、2人くらいで使うならコンパクトタイプの方が場所もとらず便利です。ただし3人以上で使うとなると小さく感じると思います。

 

ザイグルを徹底的に使いたい、幅広い調理に使いたい

ザイグルボーイ3点セットがおすすめ

形は違いますが、ザイグルプラスについているフラットプレートと同じようなプレート(角型プレート)がついています。標準セットの丸型プレートとドーム型プレートの計3枚のプレートを使い分けることができます。
ただし、プレートが多いと収納スペースも必要になるのでご注意ください。
※出しっぱなしにして、温めなおしなどで毎日使うという手もあります。

 

とりあえず焼肉ができればいい

ザイグルがおすすめ

焼肉や焼き魚、焼き芋など一般的な調理はザイグルで対応できます。1度ザイグルを使ってみて、もっと機能を強化したいと思ったっ時にザイグルボーイを検討されるといいでしょう。
※別モデルを2台持っている人もみえます。

 

ランキングに戻る